KKLロゴ



軽量仮設材のレンタルならKKLにおまかせください

line.gif

HOME > 商品案内 > 支保工 > パイプサポート

パイプサポート

パイプサポート使用上の注意

  1. 沈下を防止するための措置(敷角の使用・コンクリートの打設等)をとってください。
  2. 脚部の滑動を防止するための措置(支柱の脚部の固定・根がらみの取付等)をとって
    ください。
  3. パイプサポートは3本以上つないで使用しないでください。
  4. パイプサポートをつなぐ場合は、4個以上のボルトまたは専用の金具を使用してください。
  5. 高さ3.5m以上で使用する場合は高さ2m以内ごとに水平つなぎを2方向に設け、
    かつ、水平つなぎの変位を防止する措置(つなぎの両端を壁・橋脚等に突き当て固定、
    また、つなぎに筋かいを取り付ける)をとってください。
                         (労働安全衛生規則242条)

パイプサポートの種類

種類 使用長(mm) 調節範囲(mm) ネジ調節(mm) 質量(kg)
PS-10 300〜455 155 135 4.1
PS-12
370〜620 250 135 4.8
PS-15 410〜620 210 145 4.5
PS-20S 620〜800 180 135 6.5
PS-20 620〜940 320 135 5.5
PS-25 760〜1260 500 135 6.5
PS-30 920〜1410  490 135 7.5
PS-40 1220〜1990  770 135  9.5
PS-55 1662〜3006 1344 150 12.3
PS-70 2120〜3440 1320 135 13.0
PS-90 2620〜3940 1320 135 14.5

補助サポートの種類

種類 長さ(mm) 質量(kg)
PSS-30 900 4.0
PSS-40
1200 4.8
PSS-60 1800 6.8

許容支持力


  
連けいあり 連けいなし
使用高さ(m)
2m以下 2〜2.5m 2.5〜3m 3〜3.4m
上下端 木材 19.6(2.0) 19.6(2.0) 19.6(2.0)  19.6(2.0) 9.8(1.0)

上端 木材

下端 仕上げコンクリート

19.6(2.0) 19.6(2.0)  18.6(1.9) 16.6(1.7) 14.7(1.5)

単位 kN(t)

連けいありとは、高さ2m以内ごとに水平2方向に水平つなぎを緊結金具で取付けることをいいます。

1. パイプサポートの許容支持力は、水平つなぎの有無および材端条件により変化します。

2. 水平つなぎを設け、有効な拘束(高さ2m以内ごとに水平つなぎを2方向に設け、かつ、水平つなぎの変位を防止すること)が行われている場合は、使用高さに関係なく19.6kN(2.0kg)となります。

3. 補助サポートの許容荷重は7.35kN(750kg)となります。
  有効な拘束を設けた場合は19.6kN(2.0t))となります。

注意

 ・寸法・重量等がメーカーにより一部相違するものがありますのでご了承下さい。

PS-1.jpg
パイプサポート
上柱48.6φ×2.4mm
下柱60.5φ×2.3mm


ps-2.gif
根がらみクランプ
48.6φ×48.6φ 48.6φ×60.5φ


ps-3.gif

サポートクランプ
48.6φ×60.5φ 

PS-15.jpg

パイプサポート PS-15
台板が花形です。
上柱48.6φ×2.4mm
下柱60.5φ×2.3mm