KKLロゴ



軽量仮設材のレンタルならKKLにおまかせください

line.gif

HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

space.gif

昭和45年 9月
建設機材リース株式会社として、
資本金300万円にて 千代田区猿楽町に設立。
昭和45年 9月
機材センターを江戸川区篠崎町に開設。
昭和48年 4月
本社を千代田区三崎町に移転。
昭和48年 7月
機材センターを浦安市(千葉県)に移転。
昭和51年 3月
機材センターを小川町原川(埼玉県)に購入し移転。
昭和52年 8月
本社を渋谷区代々木に移転。
昭和53年11月
資本金を1200万円に増資。
昭和53年12月
資本金を4800万円に増資。
昭和54年 7月
機材センター用地を小川町木呂子(埼玉県)に購入。
昭和54年 8月
コンピュータ導入。
昭和56年 8月
千歳第一機材センター用地を千歳市(北海道)に購入。
昭和57年 4月
千歳第一機材センター稼働。
昭和59年 6月
札幌支店を札幌市中央区(北海道)に開設。
昭和60年10月
コンピュータを漢字システムに移行。
昭和61年12月
千歳第二機材センター用地を千歳市(北海道)に購入。
昭和62年10月
千歳第二機材センター稼働。
平成元年 10月
CADシステム(仮設計画図用)導入。
平成 2年 1月
社名を株式会社KKLに変更。
平成18年 7月
札幌支店・千歳第一・第二機材センターを閉鎖。

milk_btn_pagetop.png